Share (facebook)


ゴルフカン違い・ヨミ違い ビギナーにもシングルにも役立つゴルフバイブル

アマチュアゴルファー100万人のレッスン経験から
生まれたゴルフバイブルから、
多くのゴルファーが間違えて理解している
技術・レッスン訓のカン違い・ヨミ違いを
毎回テーマ別にご紹介します。

 

バックナンバーはこちら



No4.テーマバックはクラブヘッドを低く長く!

症状

テーマバックの始動は、両足からもっとも遠い部分から始まります。
まず、クラブヘッドが動いて、次にグリップ、肩へと移っていきます。
肩の回転が始まるまでは、クラブヘッドは飛球線後方へ低く
移動します。
肩の回転が始まってからもクラブヘッドを低く長く引こうとすると、
身体からクラブヘッドまでの長さは変わらないのですから、
身体を動かして調節するしかありません。(イラスト-1)

クラブヘッドに上半身が引きつられればスウェーしてしまいます
(結果A)。
また、左肩がクラブヘッドに引きつられて落ちて行くケースも
あります(結果B)。


結果:A 上半身がスウェーしてしまうと

身体の回転でクラブを上げていけないので、
バックスウィングの途中から、左ひじを曲げて、
クラブを腕でかつぐことになります(イラスト-2)。

 

テークバックではゆっくりクラブヘッドを引いてくるのですが、
左うでを曲げる動作から急にスウィングスピードが速くなります。
これでは、タイミングが乱れて、クラブがスムーズに上がっていきません。


トップでは身体の回転が浅く、上半身がスウェーした上、
左ひじが曲がっています(イラスト-2')。
左ひじを曲げたままダウンスウィングに入ると、
クラブヘッドがインサイドから入り易くなります。
左わきが空いた状態でインパクトを迎えますので、
フェースは開いて当たり、クラブヘッドはインサイドアウトに
抜けていきます。
右手前をダフるか、ボールは右方向に飛び出して、
さらに右にきれていくことになります。

結果:B 左肩が下がってしまうと

クラブヘッドを低く長く引いているうちは体重が右に移動しますが、
左肩が落ちるにしたがって、徐々に体重が左に戻って来ます。
トップでは左足に50%以上、
体重がかかることになります(イラスト-3)。


ダウンスウィングでは逆に右肩が落ちて体重が右に移動しますので、
ダフりやすくなります(イラスト-3')


 

 

 

ページの一番上に戻る

正しいスウィングの解説

手だけでクラブを上げようとすると、身体の回転が止まって、
クラブヘッドがアウトサイドにアップライトに上がっていきます。
このようなゴルファーが多いために
"テークバックは低く、長く"というレッスン訓が生まれたのです。

実際には、クラブヘッドは比較的、早い段階から上に上がって行きます。
これは飛球線後方から見ればよくわかります。

左手のグリップが右ひざの外側にくるまでは、
クラブヘッドは飛球線後方に低くスライドしていきます
(イラスト-4)。


この段階をすぎれば、肩の回転が始まりますので、
クラブヘッドは斜め後方に上がっていきます(イラスト-4')。

肩の回転が始まると、クラブヘッドをインサイドに引く動作はなくなります。

あとは、身体の回転にともなって、クラブヘッドを上方に引き上げていきます。
そうすればクラブヘッドが斜め後方に動いて、正しいトップの位置におさまります。

矯正のポイント

正しくテークバックをすれば、グリップが右腰の位置にきたときに、
シャフトが地面と平行になって、クラブヘッドが飛球線方向を指します。

この時にフェースは、前傾姿勢をとっている分だけ、
かぶっています(イラスト-5)。

前傾姿勢を起こせば、フェースのスコアリングラインは
地面と垂直に近くなります(イラスト-5')。

前傾姿勢をとった時にフェースが背骨と平行になるように心がけてください。

ゴルフカン違い・ヨミ違い バックナンバー

ゴルフ場:ドローン撮影:編集



Photo
↓提供:こそれんゴルフ

無料メール講座!!
簡単ザックリ対策6日間

ゴルフネット サイト内検索


新着情報




ゴルフ予約は楽天GORA!
はじめて予約でボーナスポイント


プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

PR


株式会社JOYX