Share (facebook)


ゴルフカン違い・ヨミ違い ビギナーにもシングルにも役立つゴルフバイブル

アマチュアゴルファー100万人のレッスン経験から
生まれたゴルフバイブルから、
多くのゴルファーが間違えて理解している
技術・レッスン訓のカン違い・ヨミ違いを
毎回テーマ別にご紹介します。

 

バックナンバーはこちら



No3.バックスウィングで両腕の三角形を保て!

症状

アドレスで両肩と両腕でできた三角形を崩さないで、
トップまでもっていこうとしている人を見かけます。
このように右ひじを伸ばしたままバックスウィングしていくと、
途中から身体が回転していかなくなります。


さらに無理に身体を回転させようとすると、
左肩を落とすか(結果A)、右わきを空けて、クラブを上方に
逃がしていくしかなくなります(結果B)。


結果:A 左肩を落として回転させていくと

左肩が落ちると、自然にグリップがかぶってくるので、
フェースがシャットになってきます。
また、右わきが空いてくるので、クラブはアップライトに
上がっていきます。(イラスト-2)

 

さらにアドレスでできた三角形をトップまで保とうとすれば、
右ひじに力が入ってきます。
右ひじに力が入れば、グリップにも力が入ります。
両ひじを伸ばして、かつグリップに力が入ればコックもできません。

 

イラスト-2は一見、両ひじを伸ばしたままトップの形まで
もっていっているように見えますが、
実は左肩を落としているだけで、身体は回転していません。


このようなトップからダウンスウィングに入ると、
身体が回転していないので、
手でクラブを下ろしてくることになります。

クラブヘッドはシャットフェースに
なって、かつアウトサイドインの
軌道を描いて下りてくるので
(イラスト-3)
結果はひっかけかスライスになります(イラスト-3')


結果:B 右わきを空けて、クラブを上方に逃がしていくと

手だけでクラブをあげているのですが、
トップまでクラブが上がっていくので、
身体が回転しているとカン違いしてしまいがちです。

このようなトップから、ダウンスウィングに入ると、
手だけでクラブを上からドンと落として来ることになります。


クラブを鋭角に下ろして来ると、
スウィング軌道が極端なV字を描くので、
ダフるかトップかしてしまいます。


 

また、下半身リードでクラブを下ろしてくると、
クラブヘッドは飛球線後方から、
身体の回転に合わせて下りてくるので、
極端なアウトサイドインの軌道を描いてしまいます。

 


正しいスウィングの解説

バックスウィングで左ひじが曲がったり、右わきが空いたりするゴルファーがあまりに多いので、
このようなレッスン訓ができたのです。

『バックスウィングで両腕の三角形を保て」というのは、「アドレスでできた二等辺三角形の大きさをそのまま崩さずにスウィングしろ」という意味ではありません。

イラストを見て下さい。
アドレスからトップまで、
両肩のラインと左肩とグリップを結ぶラインの2本が
直線になっています。

右肩とグリップを結ぶラインは、
無理に直線にする必要はありません。
右手は右わきがしまった状態であればいいのです。


 


矯正のポイント

バックスウィングで左ひじが極端に曲がったり、右わきが空いたりしないように、自然に折りたたんでいくよう注意してください。

 

ページの一番上に戻る

ゴルフカン違い・ヨミ違い バックナンバー

ゴルフ場:ドローン撮影:編集



Photo
↓提供:こそれんゴルフ

無料メール講座!!
簡単ザックリ対策6日間

ゴルフネット サイト内検索


新着情報




ゴルフ予約は楽天GORA!
はじめて予約でボーナスポイント


プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

PR


株式会社JOYX