Share (facebook)


ゴルフカン違い・ヨミ違い ビギナーにもシングルにも役立つゴルフバイブル

アマチュアゴルファー100万人のレッスン経験から
生まれたゴルフバイブルから、
多くのゴルファーが間違えて理解している
技術・レッスン訓のカン違い・ヨミ違いを
毎回テーマ別にご紹介します。

 

バックナンバーはこちら



No1.グリップは左右の手でしぼれ

症状

グリップをしぼると、左右のグリップがかぶってしまいます。
グリップがかぶれば、左右のひじが外側に開いてしまいます。
アドレスで両ひじが外側に開いていると、
バックスウィングでクラブヘッドが正しい軌道を描けなくなります。


結果:A アドレスで左ひじが外側に開いていると、……。

バックスウィングで左ひじが折れてしまいます。
トップでも左ひじが折れているので、オーバースウィングの原因に
なります。
またバックスウィングで左ひじを曲げる動作をすれば、
ダウンスウィングで左ひじを伸ばそうという意識が動いてしまいます。


トップからいきなり左ひじを伸ばそうとすれば①、まずグリップに力がはいります②(イラスト-3)。

ダウンスウィングの始動をグリップからすれば、
下半身のリードでクラブを下ろしてくることが
できないので、腕力に頼ったスウィングに
なってしまいます(イラスト-3')


結果:B アドレスで「右ひじが外側に」開いていると、……。

バックスウィングで右ひじを後方にひいてしまいます。
右ひじを後方に引けば、右わきが空いた状態でクラブヘッドを
あげていくことになるので、トップでも右わきが空いてきます
(イラスト-4)。
トップで右わきは締まっていなければなりません。


さらにバックスウィングで右ひじを後方に引いてしまうと
クラブヘッドがスウィング軌道をはずれて、身体に近いところを通ります。
ダウンスウィングでは逆に身体からクラブヘッドが離れて遠いところを通り、
結果としてアウトサイドインの軌道を描いてしまいます。

右わきが締まっている状態 右わきが空いている状態

(右わきが締まった状態とは右わきに隙間がないということではありません。
右ひじを内側に絞った状態だということです。)


正しいグリップの解説

グリップは普通に握った状態、そのままでいいのです。
しぼる必要はまったくありません。

 

初めてグリップを握る人は、手のひらを上に向けて、
両手を開いて握る傾向にあります。
「グリップは左右の手でしぼれ!」というのは、
このようなゴルファーのグリップを矯正するためにつくられた
レッスン訓です。


グ正しいグリップの仕方は、まず身体の正面で両手のひらを合わせます(イラスト-7)。
次に左手を下にずらしてください(イラスト-7')。
このままの状態で左右10本の指を丸めたところにシャフトが入ればいいのです(イラスト-7'')。
これが、スクエアグリップです。


矯正のポイント

グイラスト-7''で、親指を中心に指を丸めてしまいがちです。
これではグリップが開いてしまいます。

 

左右の手の甲の一番高い部分の向きを変えないようにして、
左手甲は飛球線方向、右手甲は飛球線後方を指したまま
指を丸めるようにしてください(イラスト-7'')。


ページの一番上に戻る

ゴルフカン違い・ヨミ違い バックナンバー

ゴルフ場:ドローン撮影:編集



Photo
↓提供:こそれんゴルフ

無料メール講座!!
簡単ザックリ対策6日間

ゴルフネット サイト内検索


新着情報




ゴルフ予約は楽天GORA!
はじめて予約でボーナスポイント


プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

PR


株式会社JOYX